2011年11月 7日 (月)

紅葉の葛温泉の旅

久々にかみさんと温泉を楽しもうと言うことで、大町葛温泉へ出かけました。

途中白馬村を通過するので、そばを食べ、もちろんニレ池に寄り道し、かみさんは久々の釣り。

ニレ池に寄ることを提案した時にはあまり良い返事ではなかったのですが、ニレ池につくと俄然張り切り、桟橋でコンスタントに竿を曲げてご満悦。

1

2時間ほど一緒に釣りを楽しみましたが、終わってからまだ釣りたかったと言う始末。

わたしも、まだ釣ってもいいかとは思ったのですが、結構釣れたので十分満足しました。

久しぶりにOsakaさんとも会えて楽しいひとときを過ごしました。

その後、大町を抜け葛温泉へ、。

高瀬川沿いの道を上り、葛温泉高瀬館に到着。

ネットで調べて予約を取ったのでどんな宿かはわからなかったが、価格の割にはちょっと残念か。

部屋もさほどきれいではないが、部屋から見える紅葉だけは鮮やかできれいだ。

2

温泉は90℃の源泉かけ流しで、湯量は豊富。単純硫黄泉だが、湯温が高いため、かなり水で薄めてあるためか、においはあまりしない。

3

露天風呂は広く、温泉と水が数カ所から注ぎ込んでいる。

室内の風呂は熱めとぬるめの二つで、熱めの方は、何とか我慢できるが、そう長くは入っていられない。

露天、室内ともこのときは独り占めでのんびりとつかる。

一風呂浴びて、夕食。

個室でいただくが、全部セットされており、品数は多いが冷たくて不満が残る。

夕方から降り出した雨が気にかかる。

朝食後もひと風呂浴び、小雨の中宿を出る。

途中、猿が道を横切る。

4

車に動じることもなく、カメラに収まる。近くにかわいい小猿もいたが、草の陰に隠れて写せず。

5

ダム湖から大町市街を望む。下の方はまだ紅葉が鮮やかである。

6

安曇野ちひろ美術館に立ち寄る。今回で4回目であるが、いつ来ても岩崎ちひろの描く子どもの絵に気持ちが安らぐ。2時間ほど館内をゆっくり見て歩く。

晴れていれば近辺の散策もしたかったのだが。

昼食は、ちひろ美術館で手に入れたチラシを見て、池田町の小高い山の中腹にある蕎麦屋「かたせ」へ。

細い道を上って行くと、見過ごしてしまいそうな場所にある。

店にはいると、何組かの客がすでに食べている。

十割蕎麦を注文するが、12時を少し過ぎた時間なのにすでに売り切れ。

せいろと天ぷらの盛り合わせを注文。

漬け物はセルフサービスということなので、自由に取って食べることができる。

これがまた美味しかった。

もちろん蕎麦も美味しい。

7

せいろ1枚でたりないと思ったが、おなかいっぱいになった。

その後、かみさんの求めで大王わさび園を回り、道の駅に寄って新鮮な野菜をたっぷり買い込み家路につく。

温泉宿には多少不満も残るが、温泉にゆっくりつかり、紅葉も楽しむことができ、のんびりした日を過ごすことができた。

 

| | コメント (7)

紅葉の葛温泉の旅

久々にかみさんと温泉を楽しもうと言うことで、大町葛温泉へ出かけました。

途中白馬村を通過するので、そばを食べ、もちろんニレ池に寄り道し、かみさんは久々の釣り。

ニレ池に寄ることを提案した時にはあまり良い返事ではなかったのですが、ニレ池につくと俄然張り切り、桟橋でコンスタントに竿を曲げてご満悦。

1

2時間ほど一緒に釣りを楽しみましたが、終わってからまだ釣りたかったと言う始末。

わたしも、まだ釣ってもいいかとは思ったのですが、結構釣れたので十分満足しました。

久しぶりにOsakaさんとも会えて楽しいひとときを過ごしました。

その後、大町を抜け葛温泉へ、。

高瀬川沿いの道を上り、葛温泉高瀬館に到着。

ネットで調べて予約を取ったのでどんな宿かはわからなかったが、価格の割にはちょっと残念か。

部屋もさほどきれいではないが、部屋から見える紅葉だけは鮮やかできれいだ。

2

温泉は90℃の源泉かけ流しで、湯量は豊富。単純硫黄泉だが、湯温が高いため、かなり水で薄めてあるためか、においはあまりしない。

3

露天風呂は広く、温泉と水が数カ所から注ぎ込んでいる。

室内の風呂は熱めとぬるめの二つで、熱めの方は、何とか我慢できるが、そう長くは入っていられない。

露天、室内ともこのときは独り占めでのんびりとつかる。

一風呂浴びて、夕食。

個室でいただくが、全部セットされており、品数は多いが冷たくて不満が残る。

夕方から降り出した雨が気にかかる。

朝食後もひと風呂浴び、小雨の中宿を出る。

途中、猿が道を横切る。

4

車に動じることもなく、カメラに収まる。近くにかわいい小猿もいたが、草の陰に隠れて写せず。

5

ダム湖から大町市街を望む。下の方はまだ紅葉が鮮やかである。

6

安曇野ちひろ美術館に立ち寄る。今回で4回目であるが、いつ来ても岩崎ちひろの描く子どもの絵に気持ちが安らぐ。2時間ほど館内をゆっくり見て歩く。

晴れていれば近辺の散策もしたかったのだが。

昼食は、ちひろ美術館で手に入れたチラシを見て、池田町の小高い山の中腹にある蕎麦屋「かたせ」へ。

細い道を上って行くと、見過ごしてしまいそうな場所にある。

店にはいると、何組かの客がすでに食べている。

十割蕎麦を注文するが、12時を少し過ぎた時間なのにすでに売り切れ。

せいろと天ぷらの盛り合わせを注文。

漬け物はセルフサービスということなので、自由に取って食べることができる。

これがまた美味しかった。

もちろん蕎麦も美味しい。

7

せいろ1枚でたりないと思ったが、おなかいっぱいになった。

その後、かみさんの求めで大王わさび園を回り、道の駅に寄って新鮮な野菜をたっぷり買い込み家路につく。

温泉宿には多少不満も残るが、温泉にゆっくりつかり、紅葉も楽しむことができ、のんびりした日を過ごすことができた。

 

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

温泉の旅

毎年恒例の、結婚記念日温泉の旅で白骨温泉へ行ってきました。
白骨へは安房峠を越え行ったのですが、もちろん蒲田川経由で4時間ほど釣りをしました。
今回はかみさんも釣るとのことで一緒に釣り上がりましたが、途中で寒いと言って早々リタイア。
私は2時間ほどでイワナを3匹釣り、前回行きそびれた「うな亭」で昼食。
Imgp0965
昼食後は、誰もいないC&R区間に入る。
Imgp0982
かみさんも竿を出すが、再びリタイア。 ここでは型のいいヤマメを4匹、イワナを1匹釣って終了。

Imgp0979
Imgp0981_2
白骨温泉は安房峠を越え、沢渡から入れるものとばかり思っていたが、そちらの道は現在冬季閉鎖。
ずっと大回りをして、予定より30分以上遅れて5時過ぎに到着。早速、白く濁った温泉に浸かる。
食事もまずまず。黒毛和牛の岩石蒸しが絶品でした。
Imgp0983
おいしい食事を終え、サッカー、バーレーン戦を観戦。そして、またひと風呂。
朝は雪こそ積もらなかったがものすごく冷え込み、露天風呂までの通路が凍結して転びそうになりました。
宿の軒には2メートルを超えるつららがぶら下がっていました。
Imgp0987
9時半に宿を出て、再び安房峠から戻るつもりだったが、かみさんからクレーム。
結局、松本、白馬経由で戻ることに。
Imgp0989
途中峠より白く輝く乗鞍の眺望がすばらしかった。
松本に出て、安曇野フラワーパーク、池田町のハーブセンターで、花の苗や野菜などを買って、昼食は蕎麦。
その後は、おきまりの白馬ニレ池へ。
雪が消えたのに、昨日少し積もったとのこと。さすがに風が冷たくて人もまばら。
Imgp0996
かみさんは俄然張り切って、ガイドが凍りつくほどの寒さでしたが、釣りまくっていました。
Imgp0997
5時には切り上げ、白馬を後にしました。
糸魚川からは高速道路。
以前は2000円を超えていた料金も1000円ですみ、快適なドライブを楽しみました。

| | コメント (6)

2008年10月15日 (水)

温泉とトレッキング

先週末の土曜日は仕事で、12日、13日、そして、14日が代休になったので、かみさんと温泉&トレッキングを楽しんで来ました。

12日は、上信越道経由で黒姫高原でコスモス畑を見学。盛りを過ぎていてちょっと残念。

Imgp3195

その後、おいしい蕎麦を食べようと、このお店に。

Imgp0557

1時半に入ったが、人気の店で、待ちの客が数名おり、運良く我々が最後の客となる。

天ざる蕎麦を注文。なるほど、とてもおいしい。

Imgp0559

我々の後からも続々客が来るが、みんな引き返していく。

そこから、今日の宿である、志賀高原木戸池温泉へ。

池のそばにたたずむ静かな宿である。

Imgp0563

その昔は、スキーシーズンに随分にぎわいを見せたであろうが、今は客も少なくなり、建物も古びてきている。

この紅葉シーズンの3連休に空いている宿は少ないだろうと思ったが、3日前にネットで予約できたほどで、食事の方はイマイチだが値段は安く、露天風呂はないがお湯の方はとても柔らかくいい湯だった。

さて、次の日。池巡りのトレッキングコースを歩く。

Imgp0571

リフトで登り、小さな池を経由し、大沼池を巡る全長10キロあまり。さほど高低差のないコースである。

日頃歩き慣れていないかみさんを説得してのトレッキングで、途中不機嫌にならないか心配したが、ふくらはぎが痛いと多少弱音を吐きつつも、景色には十分満足したようである。

Imgp0574

大沼池では、日差によって刻々と変化する池の色が、紅葉と相まってとてもきれいである。

Imgp0587

Imgp0594

池をバックに、日頃ほとんど撮らないツーショット写真も。

Imgp0599

トレッキングを楽しんだ後は渋温泉の宿へ。

この日は、花火大会があるとのことで、どうしても渋温泉にしたいとのかみさんの意見で、老舗の温泉宿金具屋に予約しようとしたが、3日前では空いてるわけがなく、やむなく空いている宿を予約した。

Imgp0630

しかし、この宿もなかなかいい宿で、部屋や食事、温泉もまずまずでした。

Imgp0613

渋温泉名物の温泉巡りも、食事前に2ヶ所周りました。

夜は、身近で花火も楽しみました。

Imgp0627

最終日は、帰るだけ。

途中、中野のオランチェに立ち寄り、地元の野菜などをたくさん買い込みました。100円均一でいろんな新鮮な野菜が安く手に入ります。開店の10時に行ったのですが、すでにたくさんの人がかごいっぱいに野菜などを買っていました。

Imgp0632

次に立ち寄ったのは、能生マリンドーム。ここで、新鮮な海の幸の昼食。そして、エビ、カニなどの夕食の食材を買いました。ここも新鮮で安い海の幸がいっぱいです。

Imgp0633

後は自宅に戻るだけと思ったが、近くにこんな管理釣り場があったので、2時間ほど遊んでしまいました。

Imgp0635

Imgp0636

小さな池で、平日とあって客は我々だけ。かみさんは、昨日の疲れか、車で昼寝をしてくれたので、2時間たっぷり一人で遊びました。

自宅につく頃には、こんなきれいな夕日も見ることができました。

Imgp0637

| | コメント (8)

2008年8月12日 (火)

東北温泉旅行

昨年は福島を中心に旅しましたが、今回は少し北に足を伸ばし、8日から11日まで、山形へ温泉旅行に行ってきました。

1日目

北陸道から磐越自動車道で喜多方へ出る。

昼食はラーメンでもと思ったが、昨年食べてがっかり。店の選択を誤ったこともあるが、少し足を伸ばして、米沢で米沢牛の焼き肉を堪能する。

途中ガイドブックを見ながら、かみさんの言うがままに、道の駅をはしごし無事上山葉山温泉に到着。ここまで来る間にかなりのおみやげを買い込んでしまう。

ネットで予約した葉山館は、値段の割には結構いい旅館で、大浴場と部屋の内湯で疲れを癒す。

2日目

山形市を経由し寒河江に向かう。途中ウッディーファームなんてところに寄るが、名産のサクランボとラフランスの収穫の間の時期とあって、閑散としている。名産の玉こんにゃくを食べる。3時過ぎに寒河江の宿、朝日山の家着。

Imgp0176

一番楽しみにしていた寒河江川、C&R区間での釣りが実現。

宿には他に何人かの釣り人の姿も見える。情報を聞き、キャンプ場のあたりで釣ることに。

ポイントにはまだ誰もおらず、準備して入る。

川幅もあり、流れも穏やかで、気分良く竿が振れる。

Imgp0171

6Xにパラシュートアントを結びキャスト。トロ場のため、幾分ダウンキャスト気味にフライ先行で流すと、即座にヒット。かなりの勢いでラインが出て行く。竿も曲がってしめしめと思った瞬間、軽くなってしまう。

ちょっと残念だがさい先の良いスタート。しかし、その後が続かないのがいつものパターン。

護岸の際を何度も流すと、40オーバーの魚が出てくるがフライにのらず。

結局この場所では、ウグイを3匹かけただけで終わる。

場所を変え、朝日山の家の前後を釣る。

すでに釣り人が数人入っている。こんな状態では、あまり期待できない。

結局暗くなる少し前にかけたのが30センチをわずかに超えたニジマスのみ。

Imgp0173

フライに出るが、かかってもすぐはずれたり、乗らなかったりの連続。

かみさんも、ウグイと小さなニジマスをかけただけに終わる。

3日目

朝5時に起きて、宿の横を釣る。

いいサイズの魚は出てくるが、フライにのらず、釣れたのは20センチを少し超えたヤマメのみ。

Imgp0175

今回の釣りはこれであっけなく終了。

9時過ぎに宿を出て、月山の横を通り、日本海側の鶴岡に出る。

ガイドブックに出ていた、鶴岡の「寝覚屋半兵ヱ」で「麦切り」を食べる。

Imgp0186

最初どんなものかはわからなかったが、要は「うどん」のこと。店は行列はできていないまでもものすごい混雑。かみさんと、蕎麦と麦切りを注文し半分ずつ食べるが、人気の割には味はイマイチ。ちょっとがっかり。

途中、鶴岡名産の「だだ茶豆」を見つけてお土産にとたくさん買い込み、加茂水族館を見学。田舎町の小さな水族館といった感じだが、クラゲの展示は見事だった。

Imgp0183

この後、あつみ温泉に向かう。

この近辺、鼠ヶ関、小国、温海川など、竿を出したい川が結構あるが、今回の目的は温泉。じっと我慢である。

宿はあつみ温泉萬国屋。ここも結構古くからの温泉宿らしいが、近代的な立派な宿である。

Imgp0189

温泉街の足湯につかったり、川を眺めたりしながら夕食までの時間をつぶす。

川には、ウグイかオイカワらしきライズがたくさん見られる。風が涼しく、本当に気持ちがいい。

4日目

あつみ温泉を出て日本海沿いに南下。

時々道の駅により、豊栄より高速に乗りそのまま富山まで戻る。自宅到着が5時。

今回の走行距離は1200キロ。一度の遠出としては過去最長の距離となった。

運転ばかりで、あちこちでいろいろなものを食べて、体を動かさなかったので、体重が多少増えてしまった。

次回はいい季節に釣りだけを目的に行きたいものだ。

| | コメント (9)

2008年3月22日 (土)

温泉の旅

20,21,23日と休みが取れたので、かみさんと温泉の旅に出かけました。
今回のテーマは、「ちょっとリッチに温泉を楽しむ」
1日目は神岡経由で福地温泉。
もちろん温泉が主なのですが、ここまでくればちょっと竿を出さなくては。
で、こんなヤマメが釣れました。

Imgp2614

Imgp2615
源泉かけ流しでたっぷりわき出すお湯につかり、飛騨牛もいただきました。

2日目は、松本の扉温泉。
松本では、数十年ぶりに松本城を見学。

Imgp2619

昼はおいしい蕎麦を食べました。
扉温泉は、ネットで見つけて、山奥のひなびた温泉と思いきや、結構おしゃれな宿で、お料理もフランス料理風でおいしく、
何よりも部屋のベランダにこんな温泉がついていました。

Imgp2644
部屋から、カモシカやリスなども見ることができました。

3日目は、大町経由で帰路につき、北アルプスがとてもきれいに見えました。
わさび園にも寄り、あまりにも景色がいいので、北アルプスをバックに、こんなところで2時間遊びました。

Imgp2921

Imgp2646
ドライでばんばん釣れるので、1時間も釣ると飽きてしまいました。
しかし、かみさんは大満足。
蒲田では、1時間も釣るとしかめっ面で、何しに来たのか問いつめられましたが・・。
というわけで、十分かみさんも満足できたようです。
次回からまた、釣りだけを楽しみに出かけられそうです。

| | コメント (5)

2006年11月 5日 (日)

信州安曇野の旅

3日から、2泊3日で上高地から白馬を回って来ました。

1日目は、沢渡に車を止め、高原バスで大正池へ。大正池からカッパ橋周辺を散策し、上高地温泉ホテル泊。紅葉はほぼ終わりになっていましたが、お天気が良く焼岳、穂高連峰がくっきりと一望できました。

_8_1

二日目。朝はものすごく冷え込み、木々には霜が降りて幻想的な風景となりました。梓川には魚の姿も見られました。

_13_1_26

上高地を後にし、途中、以前何度か通った奈川フィッシングエリアをのぞきに。数年間クローズし、再び今年から再開したとのこと。のぞくだけだったはずが、やはり竿を出したくなり、半日券を購入し、昼までの1時間釣りをする。ピューパーを沈めて、3匹釣ってタイムアウト。奈川のとうじそばを食べて白馬へ向かう。とうじそばのそばをすくうこのしゃもじ。どことなく、ランディングネットににている。

_33_1_35

2日目は白馬ハイランドホテルに宿泊。部屋や露天風呂からの白馬連山の眺めは最高でした。そして、3日目はもちろん白馬ニレ池での釣り。晴天で、釣りづらいのではないかと思っていましたが、一時入れ食い状態になることもあり、ほぼドライで通せました。小さなユスリカのハッチが結構ありましたが、サイズはさほど関係はないようで、高く浮くタイプのパターンが有効でした。久々に、型のいいブルックが釣れました。昼は、娘の知り合いが経営する「田園詩」というペンションでおいしい昼食をとりました。

_11_1

_8_2

天候に恵まれた3日間。食べ歩きと温泉、そして、釣りを満喫できました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)