アウトドア

2011年5月 6日 (金)

家族キャンプ

 4月初旬に母が他界、しかも年度初めで仕事の方も超多忙。やっと落ち着いて、何とか連休を迎えることができました。

 今年は母が他界したため、家族キャンプをどうしようかと迷いましたが、いろいろと大変だったこともあり、みんなでのんびり楽しみたいということで、奈川高ソメキャンプ場へ出かけることにしました。

Camp1

 連休のキャンプは恒例となっており、今年は2月にロッジを予約できたので、天候の心配はなく、テントの準備も必要なし。ちょっと気も楽である。

 ロッジの前にタープを張り、調理はすべてたき火で行う。

Camp2

 次女の長男も一年生となり、火遊びが大好き。

Camp3

 今回初参加の昨年9月に生まれた三女の長男。3歳になる次女の長女の遊び相手にはうってつけのようだ。

Camp4

 この子は、6月には三女とイギリスに帰ることになっており、ずいぶん寂しくなりそうだ。

 池での釣りもそこそこ楽しみ、夜はかなり冷え込んだが、楽しい2泊3日を過ごすことができた。

 帰りは、午後から時間をもらい、私は寄り道をして、単独で高原川のガガンボのライズの釣りを楽しむ。

 かなり渋いライズで苦戦するが、いいサイズのイワナとヤマメを何匹か釣る。

Dcf00028

Dcf00012

3時間ほど釣りをし、明るいうちに帰宅し、今回のキャンプを終える。

| | コメント (4)

2010年5月 5日 (水)

恒例の連休キャンプ

この連休、aoyamame家恒例のキャンプへ行ってきました。

今回は全員が参加し、2泊3日で奈川高ソメキャンプ場で楽しんできました。

初日のお昼は、蕎麦の里奈川でとうじそばを食べ、キャンプ場へ。

Imgp2436

キャンプ場は思ったより混雑はなく、受付をすませ早々テントの設営。

今回は、8人用、4人用、2人用の3張りを準備。

ところが、4人用のテントのポールが見あたらない。

後で、他の荷物に紛れて出てきたのだが、ちょっと窮屈だが、2張りですませる。

設営が終わったところで、全員で記念撮影。

Imgp2440

夕食は、バーベキュー。今回は飛騨牛ではなく前日に買っておいた氷見牛、そして、岩がき、サザエなどの海鮮。

Imgp2442

飛騨牛じゃなくても、お金を出した高級牛肉はやはりうまい。

満天の星空だが、とにかく寒い。

湯たんぽを抱え、9時には床につく。

2日目

5時には目が覚め、コーヒーをわかし、朝食のパンを作りダッチオーブンで焼くき、7時半にみんなで、朝食。

朝食後は、孫達が、おやつ作りを楽しむ。

Imgp2449

朝食後、池で1時間釣りを楽しむ。

今回は、次女の旦那にキャスティングを指南。

覚えたてのキャストでも、そこそこ釣れて満足できたようである。

のんびり過ごし、昼は朝から煮込んであった鳥のスープを使った野菜ラーメン。

我ながら結構上手にできた。

午後は、この日で帰る長女と3女を見送って、周辺を散策したり、お風呂に入りに行ったりする。

そして、夕食は、昼から煮込んだカレー。

孫達のためバーモントカレーにしたが、十分煮込んだのでおいしかった。

そして、夜は孫達とトランプで遊ぶ。

Imgp2453

3日目

朝食は、ナンを焼き、昨夜のカレーをつけていただく。

そして、片付け。

今回は3日とも快晴で、撤収も楽である。

昨年は雨の中の撤収となり、大変だった。

昼間前には片づけが終わり、次女家族とかみさんは、高山へ寄って帰るというので、私は、そのまま、途中で釣りをして帰ることに。

川をのぞくが、人はいてもライズがない。

支流に入り1時間ほど釣るが、20センチほどのヤマメが1匹かかっただけ。

本流の誰もいない場所を選び入る。

いつもは反応があるポイントは、ライズもなく、まったく反応なし。

釣り上がると、カモシカに出会う。

Imgp2463_2

やはり釣れないわけだ。カモシカに出会うと釣れないのが常で、もはやジンクスとなっている。

しかし、近づいても逃げようとはしない。

10メートルほどまで近づき、近くに石を投げるもちょっと振り向くだけで動こうとしない。

さらに近づき、竿でおしりを突っついてみるがちょっと振り向くだけでじっとしている。

Imgp2465

どうやら弱っているらしい。

よく見ると、おなかのあたりに枝が刺さっているようだ。

さすがそこまで近づいて、枝を抜くこともできず、そのままそっとしておくことに。

どうしてやることもできず、心配である。

結局その場所から引き返し、川を後にする。

明るい内に自宅に付き、キャンプ道具を片づける時間も十分だった。

| | コメント (2)

2009年5月 6日 (水)

5連休

この5連休、たっぷり遊びました。

1日目、キャンプの準備に半日使い、午後は釣りへ。

例のポイントでライズを釣ろうと勇んで出かけたものの、あれだけあったライズが、全くなく、そのポイントでは20センチのヤマメを一匹だけ。

結局下流に入り、何とかニジを2匹追加しただけに終わる。

Imgp1100

2日目から、2泊3日の奈川高ソメキャンプ場で家族キャンプ。

ここでのキャンプはこれで3度目。

今回はかみさんと、娘夫婦と孫の6名。

子ども中心のキャンプとなり、夜はババぬきに何度もつきあわされる。

Imgp1111

朝食のピザは、遊び心いっぱい。

Imgp1113

パパと一緒に火の番もしてくれる。

Imgp1114

日中はこんな池で釣りも楽しむ。とても渋く、ミッジでイワナのサイトフィッシング。それも結構楽しい。娘の旦那は、何匹かは、フライに出たらしいが、一匹も釣れず。

Imgp1124

Imgp1129

今回使用のシェラとノースフェイスのテント。フライシートをかぶせてしまうとわからないが、ポールの構造は、ほれぼれするほど美しい。

ということで2泊して、帰りは川を横目で見ながら、山之村牧場により帰宅。

最終日

この間庭の芝刈りをしていたかったため、雑草が目立ってきたので、午前中は芝刈りと除草。

昼から釣りに出かける。

連休最終日で結構各ポイントには車が止まっているが、前回先客があり入れなかったDポイントは誰もいない。

連休中には結構人が入ったらしく、足跡が目につく。

ポツポツ釣れるが、ここぞと思うポイントからは出てこない。

イワナ、ヤマメ、ニジを数匹ずつ釣って終了。

Imgp1135

Imgp1142

Imgp1153

サイズもまずまずだったが、一雨降って水が入れ替わると、もっといいサイズが釣れるのだが。

| | コメント (7)

2008年9月15日 (月)

カヌー遊び

随分前から催促されていた、バーベキュー&カヌー遊びに行ってきました。

今回は、かみさん、長女、次女夫婦とその子ども、長女の友達2人、そして、犬が4頭。

飲んで、食べて、漕いで、そして、釣って、一日楽しく遊びました。

Imgp0453

Imgp0457

Imgp0465

Imgp0471

Imgp0474

| | コメント (6)

2008年5月 6日 (火)

連休終了

この4連休の3日から5日まで、奈川の高ソメキャンプ場で過ごしました。

無印南乗鞍キャンプ場がゴールデンウィークに使えなくなって、昨年からこのキャンプ場で過ごすようになりました。

Imgp2787

Imgp2795

白樺林の中でロケーションもまずまず。

Imgp2794 

こんな釣り池もあります。今回は、3日間のうちほぼ5時間ほど釣りを楽しみました。

釣れるのは、イワナとニジマス。時々ライズもあり、イワナはグリフィスナットでライズの側に落とせば、退屈しない程度に釣れます。ニジマスも、フォームアントの大きめのものを使い、池の中程までキャストして、待っていれば塩焼きサイズのものがかかります。時々40オーバーも混ざります。ルアー、えさの何でもありで、えさでは良く釣れていました。

Imgp2797 Imgp2798

2日目から娘夫婦と子どもたちも参加。のんびりできなくなりましたが、とにかくにぎやかでした。

今回の食事は、初日の夕食は定番のカレー、次の日の朝は、残ったカレーを使い、カレーパンを焼きました。昼は焼きそば、夜はバーベキュー。そして、3日目の朝はピザ。

Imgp2789_2

Imgp2809

今回もツーバーナーは持参せず、すべてたき火での調理。

初日、2日目ととても良いお天気でしたが、3日目は、午後から雨になりました。

午前中に撤収を終え、事なきを得ました。

帰りは、私だけが寄り道。川は結構増水していましたが、増水の時のとっておきポイントをのぞくとライズが。

準備していたら2人のフライマンガ来て、「先に入っていいですか?」と言われ、いやだとも言えないまま、首を縦に振ると 一番いい場所で釣り始める。彼らは1匹釣っただけで、1時間ほどで上がったので、その後ゆっくり釣らせてもらう。しかし、なかなか渋く、6回かけてキャッチしたのが3匹のみ。どれも口に釣られた跡が残っている。

Imgp2817

雨も強くなったので、3時間ほど釣って終了となる。

6日、朝から快晴の天気。午前中にキャンプの片づけを行い、午後2時過ぎに家を出て川へ。昨日より水量が増え、しかも濁っている。気温の上昇と昨日の雨で、雪代が一気に出たようだ。今週末まで収まるんだろうか?

Imgp2818

こんな状態じゃ竿を振るどころではない。小さな川に移動する。

この川は、30年ほど前にフライを始めた頃良く通った川である。昔の面影はほとんどなく、魚も期待できないが、30分ほど釣って、小さなイワナとヤマメを釣ることができた。

Imgp2822

ここで、今回の連休も終了となる。

| | コメント (6)

2007年9月 9日 (日)

カヌー遊び

禁漁まであとわずかというのに、今日は家族サービスのカヌー遊び。
前から行こうと攻められて、2年ぶりに愛車にナバロ16フィート艇を積んで、ダム湖に出かけました。

Imgp1957
参加は、かみさん、長女、次女夫婦と孫二人、愛犬のバブとロッタ。
三女は語学留学中で今回は不参加。
家族キャンプなどの外遊びは、昔から全員参加が我が家の原則。というより、喜んでついてきてくれるので、こちらとしても、家族団らんの楽しいひとときが持ててうれしい。
到着して、タープを張り、バーベキューをして昼食。
昼食後は、交代で、カヌーに乗って遊ぶ。

Imgp2345

ちょっと時間をもらって、ひとりでカヌーを漕いでインレット近くまで行く。もちろんロッドを持って。
運が良ければニジマスが釣れるはず。
キャストして、2投目でフライに出るがかからず。
近くで、鯉がプカプカと水面上のものを食ったりしているので、とりあえずキャスト。
鯉の進行方向にうまくフライが落ち、案の定フッキング。
重い引きを止めようとした途端、5Xのティペットが切れてしまう。
フライを結び直して、プカプカの方向へ再度キャスト。
今度は慎重にやりとりして、ネットに入らないので、そのままカヌーで移動し岸まで引っ張ってくる。
50センチを少し越えた立派な鯉。
岸では、苦笑いしながら、家族が待っている。
これ以上釣りをすることはもちろんできるはずがない。

Imgp1964

タープに戻って、バーベキューの続きを楽しみ、今日のカヌー遊びは終了となる。

| | コメント (6)